薄毛髪型

女性の薄毛時の髪型の特徴について

今や薄毛は男性だけの問題ではありません。

 

女性も薄毛に悩む人が増えており潜在的な人数も合わせると日本には1000万人もの女性が薄毛に悩んでいると言われています。

 

ちなみに表面化した数字を見てみると今現在で600万人と言われており日本人女性の10人に1人が薄毛に悩んでいるとということになります。

 

 

女性の薄毛の原因は?

 

年代で原因が変わってきますが、共通して言えることは女性ホルモンのバランスを崩してしまっているということです。

 

女性ホルモンのエストロゲンは女性の髪の毛をつかさどる大切なホルモン。加齢やストレス、日頃の生活習慣、間違った頭皮、ヘアケアなどが女性の薄毛の原因となります。

 

さて今回は薄毛を発症してしまった時の髪型についてです。

 

髪型一つで印象が変わりますが薄毛を発症している場合どのような髪型にして良いのか迷ってしまうと思います。

 

そんな方に似合う髪型の探し方や髪型そのものをご紹介していきます。

 

まずはざっくり薄毛を改善するための方法をご紹介しますね!

 

女性の薄毛の改善方法

 

食生活

 

高カロリーや高脂肪、糖分の取りすぎは頭皮にもよくありません。

 

それらは皮脂の原料となり皮脂過剰分泌の原因となります。

 

そうなると頭皮や髪の毛はベタつき余計な皮脂が古くなり根元をふさいでしまいます。

 

そこでさらに酸化を繰り返し頭皮自体をダメージさせます。

 

またその皮脂を餌として常在菌や雑菌が異常繁殖し抜け毛の原因となってしまいます。

 

ストレス

 

ストレスは自律神経に影響します。

 

自律神経は女性ホルモンの分泌や血行のバランスを調節する大切な神経です。

 

そのバランスを崩すとそれらの調節が乱れてしまい女性ホルモンの不足、また血行が悪くなり薄毛を発症します。

 

女性ホルモンは先ほども説明したように女性の髪の毛と深い関わりがあります。

 

また髪の毛は血液から栄養素や酸素を吸収し成長します。血行不良はそれを阻害してしまいます。

 

薄毛の女性でも似合う髪型のポイント

 

さて薄毛改善のための話はこのくらいにしておいて薄毛に似合う髪型をご紹介していきます。

 

少し工夫するだけで見た目がかなり変わりますので試してみてください。

 

分け目を変える

 

いつも同じところから分けているとクセがついてしまいペタッとなってしまいます。

 

でもその分け目を変えると生えている方向と逆に髪の毛が持ち上げられるため根元が立ち上がりフワッとした感じになります。

 

前髪をアップに

 

前髪やサイドやバックの毛をつかってアップスタイルにします。

 

すべての毛がトップに集中するのでかなりボリュームアップします。

 

ターバンを使う

 

ターバンやバンダナなどの小物をつかってアレンジすると可愛く仕上がります。

 

また特別なテクニックも必要ないですからとても簡単、短時間でアレンジが可能です。

 

まとめ

 

このように髪型を変えることで頭部がボリュームアップしたように見せることが可能です。

 

特に女性は男性とは違って薄毛を発症しても髪の毛がまだ残っていますから比較的アレンジは簡単です。

 

でもこれらは薄毛改善のための具体的な施策ではないため正しい頭皮ケアや育毛は必須です。